必見!おすすめウィッグ特選集

トップ > ウィッグについて > ファッションウィッグのさまざまな種類

ファッションウィッグのさまざまな種類

 オシャレをするためのウィッグのことを「ファッションウィッグ」と言いますが、そのファッションウィッグには沢山の種類があります。
フルウィッグや前髪ウィッグ、ハーフキャップなど、その種類だけでも豊富にある上、長さや色、カールの質などもさまざまです。
ですのでその種類について知っていれば、自分の好みに合うものや用途に応じたものなどを選ぶのに役立つと言えるでしょう。
まずファッションウィッグというのは、フルウィッグと部分ウィッグの2つに大きく分けることができます。
フルウィッグは、頭全体を覆うように被せて使うタイプであり、印象をガラリと変えることができます。
そして部分ウィッグは、さまざまなパーツに分かれているウィッグのことであり、ポイントを絞って変化を付けることができるものだと言えるでしょう。


 フルウィッグに関しては、さらにロングタイプとショートタイプの2種類があると言えます。
まずロングタイプは元々髪が短い人がロングにしてみたいという場合や、ボリュームが欲しいという場合に向いています。
ロングタイプのメリットは、イメージを大胆に変えることができるということが挙げられますが、髪が長い分、絡みやすかったり手入れに手間がかかってしまうという注意点もあります。
一方のショートタイプは、元々ロングの人が髪を切ることなくショートヘアを楽しみたいという場合に向いているでしょう。
メリットとしては、ロングタイプに比べると手入れがしやすいことが挙げられますが、自分の髪が長すぎる場合は、その髪のまとめ方によってはシルエットが不自然になってしまう場合もあるため注意しましょう。


 部分ウィッグに関しては、前髪ウィッグやテールウィッグ、そしてハーフキャップなどの種類があります。
まず前髪ウィッグは、文字通り前髪部分に付けるタイプであり、形がなかなか決まらないときなどに使うと便利でしょう。
付け方については、自分の前髪にひっかけて自毛となじませるだけで装着することが可能です。
次にテールウィッグは、ポニーテールなどのテール部分に付けるウィッグであり、横に二つ付ければツインテールにすることができます。
また、似たものにお団子ウィッグと呼ばれるものもあり、装着することで簡単にお団子ヘアにすることができます。
さらにハーフキャップは、頭の後ろ部分に付けるタイプであり、自分の前髪を活かしつつ後ろ部分のアレンジをしたりボリュームを加えたいときなどに向いていると言えるでしょう。

ページトップへ