必見!おすすめウィッグ特選集

トップ > ウィッグについて > ウィッグの相場と通販での買い方を知る

ウィッグの相場と通販での買い方を知る

 ヘアスタイルを整える時、通常は自分の髪の毛、つまりは地毛を使います。
ロングヘアであればいろいろなヘアスタイルができます。
長いままも可能ですし、まとめたりもできます。
しかしショートヘアだとあまり自由に変えられません。
さらにヘアカラーであったり、パーマなども簡単には変えられません。
仕事の都合などであまり色を変えられなかったりパーマができない人もいます。
でも一時的にオシャレを楽しみたいときがあります。
その時に使えるのがウィッグです。
髪の毛に取付けて、自分の髪の毛と一緒にスタイリングをします。
ショートヘアの人ならロングヘアのウィッグを取付ければ大きくイメージチェンジができます。
黒髪や白髪が目立つ人でも、好きなヘアカラーのウィッグをつければオシャレを楽しむことができます。


 ではどんなウィッグを選べばよいかです。
かつらだと高いもので数百万円ほどすると言われています。
オーダーメイドで作られていて、かなり精巧なものになります。
安いもので数万円ぐらいになり、こちらでもかなり繊細な作りになっています。
ウィッグはかつらに比べると安く買えるものが多いかもしれません。
素材にこだわったものなら数十万円するものもありますが、一般的には数万円ぐらいのものが高級品になります。
安いものだと数千円ぐらいのものもあります。
頭全体を多くフルウィッグだと、高級なものと安価なものだとかなり差が分かります。
高級なものだと地毛と変わらないスタイリングができますが、安価なものだと明らかに人工的な髪の毛であるとわかるものが多いです。
部分的なウィッグなら安いものでもオシャレは楽しめます。


 ウィッグを購入する場所としては、実店舗での購入とネットショップでの購入があります。
大手かつらメーカーでも実店舗とネットショップを展開していて、その人によって選べます。
実店舗は全国的にあるものの、必ずしも自宅近くにあるわけではありません。
又実店舗に行ったから自分の好みのものが置いてあるわけではありません。
ネットショップの場合、多くの品ぞろえから選べます。
ネットから買えるので、都市部に住んでいる人でも地方に住んでいる人でも購入ができます。
ネットで購入する時には、素材が何でできているか、つむじの部分が自然かどうかを確認しましょう。
それらが分からないショップでの購入は避けた方がいいかもしれません。
内側の仕組みも確認しておきたいです。
蒸れやすくなっているか、通気性を考えているかです。
長くつけるなら通気性のいい物を選びます。

ページトップへ